シャッパウ
S’CIAPPAU

シャッパウ

吟醸酒のような華やかでキレのある香味!日本の食卓でも活躍します。

リグーリア州のオリーブと言えばタジャスカ種。遺伝子的には500種以上もあると言われるイタリア原産のオリーブの中でも、指折りに有名な品種です。マイルドでフルーティーな香味から、世界中のオリーブオイル・ファンに好まれています。ストロングタイプのトスカーナ産、グリーンタイプのシチリア産とともに、イタリアの三大人気産地といってもいいかもしれません。

伝統的に黒く熟した状態で収穫、搾油されてきたこのタジャスカ種。生産者によっては、秋から始めた収穫が翌年春まで続くこともあります。当然ながら、オリーブオイルの品質、個性にも幅が生まれます。また、これまたリグーリア州の伝統といっても伝統的圧搾法(石臼粉砕、ディスク圧搾)が主流だったこともあり、今日の物差しで見ると、どこか時代遅れの印象があるのも事実でした。パオロ・カッシーニが登場するまでは。
パオロ・カッシーニは、これらすべての慣習を打ち破り、今日的なオリーブオイル作りに挑戦した生産者です。収穫時期は1112月に限定。まだ未完熟の青い果実を搾油します。また、搾油は、いち早く導入した最新の搾油機(連続サイクル方式)で行います。ここから生まれるオリーブオイルは、タジャスカ種特有の甘い芳しい香味を残しながら、他のタジャスカ種にはあまり見られない草の香りを感じさせます。見事というほかありません。

オリーブオイルの名前「シャッパウ」はリグーリアの古い言葉で「真っ二つに割った」という意味です。この地では70、80年前まで「良いオイル」のことを『シャッパウ』と呼んだそうです。「二つに割ったオリーブから、自然に流れ出るジュースのようなオリーブオイル」というような意味合いのようです。パオロは、搾油所ではいつも必ずこの言葉を胸にオリーブに向かい合っているそうです。タジャスカ種に一大変革をもたらしたパオロの原点は、この言葉の中にあるのかもしれません

マイルドな香味ながら、心地よい辛みも感じらえる「シャッパウ」は、和食にもオススメのオリーブオイルです。また、雑味、油っぽさも感じませんので、所謂『飲むオリーブイオイル』にも向いています。

同じ生産者で同じくタジャスカ100%の「エクストレムン」、有機栽培の「クロスス」もあります。

テイスティング・ノート
香   り生の松の実。刈りたての草、野生のフェンネル、アーモンド。
味 わ い黒コショウやアーモンドのフルーティーな風味が感じられる。
辛み、苦みもバランス良い。
ベストマッチ魚料理から野菜料理。フレッシュチーズ、和食にもオススメ。
テクニカル・データ
生 産 者パオロ・カッシーニ
製 品 名シャッパウ
原 産 地リグーリア州インペリア県イゾラボーナ
品   種タジャスカ100%
収穫時期・収穫方法手摘みと道具
搾 油 方 法遠心分離機による連続サイクル法
酸   度0.13%
受 賞 歴【2021年】
FLOS OLEI:98/100ポイント、 Made with love farm

【2020年】
FLOS OLEI:97/100ポイント、 Made with love farm

【2019年】
FLOS OLEI:97/100ポイント、 Made with love farm
GAMBERO ROSSO-OLI D'ITALIA:Due foglie

容量/価格500ml/¥3,456(税込)
250ml/¥2,160(税込)

関連商品

  1. エクストレムン

    エクストレムン

  2. クロスス