バッリョ・インガルディア アルべレッリ
BAGLIO INGARDIA ALBERELLI 

アルベレッリ

スローフード協会プレシディオ!
パンチのある香味のチェラスオーラ種単一品種オイル。

シチリア島の西の端。マグロのカラスミや、クスクス・ディ・ペッシェなどローカルな食文化に富む町、トラーパニ。市街から少し離れるとオリーブ、ブドウ、果樹の栽培が盛んです。そんな村のひとつ、パチェーコで1700年代から次ぐ農園がバッリョ・インガルディアです。

温暖な気候、平坦な地形のおかげで、自然とそこそこのオリーブオイルを生むトラーパニ地方では、どちらかと言えば量を念頭に置いたオリーブ栽培が行われています。バッリョ・インガルディアもそんな農園のひとつでしたが、3代目のニコラ・ディ・ジェノヴァの代となり、有機栽培への転換、徹底的な早摘み、収穫後約1時間で搾油するなど栽培、搾油へのアプローチを一変させ、ここ数年でめきめきとクオリティを高めています。

農園では、シチリア島の西側で広く栽培されている3つの地品種チェラスオーラ種、ビアンコリッラ種、ノチェッラーラ種を栽培していますが、このオリーブオイルは、バッリョ・インガルディアのオリーブオイルの中でも最もパンチのあるチェラスオーラ種100%の単一品種オイルです。シチリア島のオリーブの中でも最も個性の強いオイルを生むチェラスオーラ種は、ポリフェノールの含有量でも抜きんでています。

このチェラスオーラ種を限界ぎりぎりまで早摘みし、直ちに搾油したこのオリーブオイルは、青草がぷんぷんと香るフレッシュ感、強めの辛みと苦味が持ち味です。強すぎるくらいの香味ですが、健康な果実のみを厳選して搾油しているので、後味のスッキリしたクリアな仕上がりです。雑味は全く感じらません。
炙り焼きにした魚介類、ビステッカなどしっかりした味わいの料理の仕上げに一振り、あるいは、カラスミのパスタやブルスケッタにたっぷり振りかけると、このオリーブオイルの香り高さがよくわかります。野菜サラダやパスタ料理にも好相性ですが、このオリーブオイルにはイタリア的な料理がよく合います。
BAGLIO(バッリョ)は、シチリア島の由緒正しい農場に伝わる伝統的な建築スタイルです。バッリョ・インガルディアは「インガルディア家の荘園」というような意味です。

こちらは「バッリョ・インガルディア チェラスオーラ」の仕様が変わり、より厳選された実を使ったワンランク上のオリーブオイルです。

 

テイスティング・ノート
香   り刈ったばかりの芝、チコリ、青いトマト
味 わ いしっかりした苦味と辛味、最後に甘み。
ベストマッチカラスミのパスタ、マグロやカツオのステーキなど魚介類に。
トマト系のパスタや煮込みにも。
サラダ料理全般、ブルスケッタ各種。
テクニカル・データ
生 産 者バッリョ・インガルディア
製 品 名バッリョ・インガルディア アルべレッリ
原 産 地シチリア州 トラーパニ
品   種チェラスオーラ100%
収穫時期・収穫方法手摘み + 機械摘み
搾 油 方 法遠心分離機による連続法
酸   度0.2%
有 機 認 証BIO AGRICERT(イタリア)
受 賞 歴【2021年】
スローフード協会:OLIO DEL PRESIDIO Slow Food
FLOS OLEI:86/100 ポイント

【2020年】
GAMBERO ROSSO-OLI D'ITALIA:Due foglie

【2019年】
BIOL:エクストラ・ゴールド・メダル
スローフード協会:OLIO DEL PRESIDIO Slow Food

【2018年】
スローフード協会:AZIENDA SELEZIONATA

【2017年】
スローフード協会:OLIO DEL PRESIDIO Slow Food

【2016年】
スローフード協会:OLIO Slow

容量/価格500ml/¥3,780(税込)
250ml/¥2,376(税込)

 

 

 

関連商品

  1. 6フィーレ

    バッリョ・インガルディア セイフィーレ

  2. バッリョインガルディア

    バッリョ・インガルディア チェラスオーラ

  3. ノチェッラーラのオリーブオイル

    バッリョ・インガルディア ノチェッラーラ