ミエーレ・トゥン アチェート・ディ・ミエーレ
MIELI THUN  ACETO DI MIELE

イタリアを代表する養蜂家が作りあげた「はちみつヴィネガー」
「甘露はちみつヴィネガー」に続き、「柑橘類のはちみつヴィネガー」が仲間入り!

口に入るものであるからにはナチュラルなものでなければ。誰が何処で作ったものかはっきりわかるものでなければ。一応これが私達のコンセプトです。数年前、アチェタイア・サン・ジャコモのアンドレア・ベッツッキが紹介してくれたこのヴィネガーは、そんな希望にぴったりのヴィネガーでした。生産者はミエーレ・トゥン。イタリアを代表する養蜂家、アンドレア・パテルノステルのはちみつヴィネガーです。

ハチミツの糖分が発酵してハチミツ酒(ミード)に、ハチミツ酒のアルコール分が発酵してはちみつヴィネガーへ。甘いハチミツから作られているとは言え、 2度の発酵を重ねるはちみつヴィネガーは普通甘くありません。しかしミエーレ・トゥンのはちみつヴィネガーは優しい「甘み」を持っています。 コクのある甘い香りと、雑味のないすっきりとした酸味は、とても繊細でエレガントな味わいです。

そのままの風味を楽しんでいただきたいので、蒸し野菜や、焼き野菜にかけてお試しください。暖かな料理と触れることで、酸味が飛び、 香りが広がります。目玉焼きやフリッタータ(イタリア風オムレツ)に一振りするのもお勧めです。卵の甘みがぎゅっと引き締まります。 魚や貝のカルパッチョにも使えますし、ガスパチョの隠し味にも最適です。そして、もちろん、サダラドレッシングに!
「アベーテ」
原料は地元トレンティーノで採取したモミの木の甘露ハチミツです。モミの木の樹液を集めた昆虫が不要な液蜜をモミの木に戻し、次に、 その液蜜をミツバチが集めるというモミの木の甘露ハチミツ。太古から続く自然の営みによってもたらされる恵みです。イタリアでも希少なモミの木の甘露ハチミツには、 ミネラルやアミノ酸が豊富に含まれ、黒糖のような複雑な甘みが感じられます。ミツバチとともに数々のハチミツを作り出したアンドレアがもっとも 愛着を持っていたハチミツの一つです。

「アグルーミ」
イタリアの柑橘類の花のハチミツから作られたヴィネガー。爽やかでエレガントな香りと、僅かに甘みも感じるクセのない味わいは、様々なお料理に使っていただけます。 レモンの代わりに、カルパッチョ、サラダは勿論のこと、自家製マヨネーズ、キャロットラペ、ピンツィモーニオ、カポナータ、旬のフルーツにかけても。

ヴィネガーはとても重要な調味料です。分量を間違えると料理を台無しにすることもありますが、適量であれば料理がばっちり決まります。だからこそ、 素性のはっきりわかるヴィネガーを使っていただきたいと思います。是非上質なオリーブオイルととともに。


残念なことに、アンドレア・パテルノステルは、2021年4月、交通事故で急逝しました。現在、ミエーレ・トゥンは、残された家族によって引き継がれ、新しいシーズンを迎えています。

テクニカル・データ
生 産 者ミエーレ・トゥン
製 品 名ミエーレ・トゥン アチェート・ディ・ミエーレ
原 産 地トレンティーノ州
酸   度6.2%(アベーテ)、6.31%(アグルーミ)
容量/価格375ml/¥3,024(税込)