ミエーレ・ディ・ミッレフィオーリ
MIELE DI MILLEFIORI

トスカーナのはちみつの村、モンタルチーノの純粋はちみつ。

トスカーノ州シエナ、モンタルチーノ。イタリアを代表する最高級赤ワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの故郷としてあまりに有名なこの村は、あまり知られてはいませんが、トスカーノを代表するはちみつの村でもあります。生産者、ヴィッラ・イ・チプレッシは、日本語で言えば「糸杉郷」、会社名は所在する地名から命名しています。今でこそ、自家ブドウ畑を持ちブルネッロ・ディ・モンタルチーノのワイナリーという一面を持っていますが、元々は家族経営の養蜂農家です。現在の社長、ウベルト・チアッチが父の蜜蜂たちを引き継ぎ1970年代半ばに創業した農業法人です。

トスカーナを訪れた方であれば想像できると思いますが、トスカーナは、フィレンツェ、シエナなど街を離れれば至るところボスコ(森)の連続です。この自然を生かし、至る所で養蜂が行われています。とりわけ、シエナ南部の緩やかに波打つ丘陵の村のひとつ、モンタルチーノ村一帯は、春から秋にかけ、花の絶えることのない期間が長いこともあり、歴史的に養蜂が盛んなようです。
ヴィッラ・イ・チプレッシでは10種類以上の単一花のハチミツを採取していますが、我々が選んだのはミッレフィオーリ、日本で言うところの百花蜜です。5月から9月にかけて開花期を迎えるローズマリー、ラヴェンダー、フレンチハニーサックル、栗、エデラ(アイビー)など野生の花々から採取したものです。持ち味はその複雑味です。中でも微量に含まれて栗の香りが絶妙な隠し味になっています。採取したハチミツは濾過のみで、加熱殺菌など人工的な処理は一切施されていません。

ギリシャ神話に、アリステオという神がいます。アポロの息子で農業を司る神です。神話の世界では、このアリステオがイタリアにオリーブ(厳密に言うと接木技術)と養蜂技術をもたらしたとされています。この故事からも、オリーブオイルとハチミツがとても密接な関係だったことがわかります。その意味でも、是非お試しいただきたいのは、パンにオリーブオイルとハチミツをたっぷり垂らして食べる朝食です。意外な相性の良さに驚かされると思います。もちろん、食後にチーズと合わせるのもお勧めです。モンタルチーノの隣る村、 ピエンツァのペコリーノ・トスカーノであれば言うことありません。

 

テイスティング・ノート
ベストマッチパン、熟成したチーズ、リコッタなどのフレッシュチーズ。
またドレッシングやお肉のソースの隠し味にも。
テクニカル・データ
生 産 者ヴィッラ・イ・チプレッシ
製 品 名ミエーレ・ディ・ミッレフィオーリ
原 産 地トスカーナ州モンタルチーノ
容量/価格400g/¥3,240(税込)